読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手芸屋さんが好き!

手芸コーナーで働いていたハンドメイド作家がお薦めのネット手芸店をご紹介します

海外タブロイド紙を作品の梱包やラッピングにオシャレに使おう! ハンドメイド作家さんにお薦めアイテム

 

ハンドメイド作家になってからラッピングや梱包に気を遣うようになりました。
そして梱包が難しいのです。
ラッピングについてはお客さんにリボンの好みなどをお聞きしながら包むのですが(私はショッピングモールで働いていたのでラッピングは得意です)梱包はさりげなく、でもオシャレに決めたいのです。

お客さんに「この作家さんオシャレ❤ 素敵❤」って言われたい。
( ゚Д゚)ぶっちゃけ憧れられたい


(/ω\)小さい人間でごめんなさいね

 

仰々しくなく、何気なくオシャレに梱包したい。
でもやりすぎはカッコ悪い。

いろいろ探しましたが、好みの問題もあるので、ここは無難に王道をいきます。
王道でいえば「英字新聞」は今でも主婦にラッピング資材として根強い人気があるらしいので、今日は海外の新聞を使ったラッピング資材をご紹介します。

 

海外タブロイド紙を作品の梱包やラッピングにオシャレに使おう!

目次

 

アンティーク手芸「レネット」

 素敵なアンティークデザインの手芸雑貨・インテリア雑貨を扱っています。
なかでも人気の「海外タブロイド紙」は、ラッピング・梱包資材としてリピートで何度も利用されている方が非常に多いのが特徴です。

 

人気のタブロイド紙 フランス

 

こちらはあの「東京アンティーク」の新聞ですね。
英字だと英語ができる方からはただの新聞紙にしか見えないそうですが、こちらはフランスの新聞をイメージして作られています。
フレンチスタイルの商品・作品を梱包するならコレがお薦めです。

「パリの蚤の市で買い物して新聞紙で包まれてきた」そんな雰囲気も醸せます。

 

イギリスで発行している本物の英字新聞

 

これはブリティッシュ好きさんにはたまらない本物の英字新聞。
こんな新聞で梱包されたら、受け取ったお客さんも「この作家さん、英字新聞読むんだー! 素敵!」ってなる(ならない)

 

イタリア新聞

 

なんだかんだ言っても英語は読めますから、イタリア語とか学校教育では触れたことのない文字のほうがオシャレでエキゾチックに見えてきます。 
イギリスの新聞とレイアウトやデザインが違うのもお国柄なのでしょう。

 

一番人気 イタリア新聞1ケース

 

お店でたくさん使う方にはこちらの5kgの新聞がお薦めです。
一番人気で、ときどき在庫がなくなるので注意が必要ですが、一般的なラッピング資材として考えると非常にリーズナブルな価格。

 

新聞風ラッピング紙

 

でもやっぱり新聞は新聞。ラッピングにはどうかな~っていう紙面も時々あります。
なので新聞のオシャレな部分だけいいとこどりでデザインされた包装用紙もあります。この辺は好みによるんだけど。

 

タブロイド紙について

ハンドメイド作家からの意見としては、あれば便利このうえなし。これに尽きます。
やっぱりね、ちょっとしたサービスで包んだりするときに気取らずにさりげなく使えて結構便利なんです。
ご興味のある方はぜひお試しください。

 

アンティーク手芸「レネット」で扱っています

 

チャームのカテゴリーが充実していて、特にアンティーク調の鍵のチャームの品ぞろえが良いのも特徴。鍵のチャームは今も昔も人気のアイテムです。

shugei.hatenablog.com

 

他にもかなり洒落たガラスボトルも販売されています。雑貨がお好きな方はぜひ一度ご覧ください~ m(__)m 

以上、梱包・ラッピングに使えるタブロイド紙をご紹介しました。

 

関連記事:東京アンティーク 

shugei.hatenablog.com